ジュエリー腕時計でおなじみカルティエの各種モデルと特徴

カルティエはフランスの高級腕時計ブランド・ジュエリーブランドで王の宝石商、宝石商の王とも呼ばれる有名ブランドです。1847年、フランス人の宝石細工師ルイ・フランソワ・カルティエによって創設され1900年代には英国王エドワード7世やスペイン国王アルフォンソ13世、ポルトガル国王カルロス1世、他にもロシア皇帝やシャク国王などの御用達ブランドとなり、その高級感あふれるデザインは一躍世界中の注目を浴びました。日本でも1974年に初めて原宿にブティックがオープンしています。このカルティエの有名な腕時計の各種モデルには、サントスウォッチ・カルティエサントスと呼ばれるSANTOS(サントス)、タンクアングレースやタンク ルイ カルティエ、タンクアメリカンなど様々なモデルが存在するタンクウォッチが有名です。サントスの特徴はというと元々アルベルト・サントス・デュモンというパイロット用に作られた時計なので飛行中に操縦桿から手を離さずに時間が見られるデザインが特徴なのですがこれは当時男性の時計というと懐中時計が一般的だったため量産型男性用腕時計として世界初の試みだったようです。そしてタンクウォッチの特徴はパリの開放を記念し戦車の形を模してデザインされたというようにシャープな四角いケースの下にアタッチメントとの接点を隠したスマートなデザインが特徴です。そして、それらのデザインを少しずつ変えて作られたのがグレース・アメリカン・フランセーズ・ソロといったタンクシリーズとなっておりエレガントで使いやすいフォルムは女性にとても人気があります。